ドラマで話題沸騰中の「半沢直樹」はコミック版も要チェック! あらすじ(ネタバレ)から無料で読む方法まで徹底紹介

半沢直樹の「倍返し」が日本中を席巻中


現在放送中の日曜劇場「半沢直樹」が、初回放送から軒並み高視聴率を記録し日本中を席巻しています。

同作は池井戸潤氏の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としており、2013年に「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」をテーマにドラマ化されたシーズン1は社会現象にもなりました。

放送中のシーズン2は原作シリーズのうち「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」がテーマになっており、先日放送された4話までで前半が堂々の完結を迎えました。

卑劣な手段を使った三笠副頭取と伊佐山部長、諸田が電脳雑技集団へ出向することが分かり、胸がスッとした人も多かったのではないでしょうか。

そしてラスト15分には「銀翼のイカロス」の冒頭が始まり、すでに後半戦への期待が高まっています!

『半沢直樹』はコミックでも楽しめる

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社


先述の通り、原作小説やドラマ版が話題となっている「半沢直樹」ですが、実は2020年4月からコミカライズ版の連載がスタートしており、マンガでも楽しむことができます!

意外と知られていないコミック版『半沢直樹』ですが、モーニングにて『ドラゴン桜2』を連載中の三田紀房氏が絶賛する新人、フジモトシゲキ氏が作画を、ネームの切れ味に定評のある津覇圭一氏が構成を担当し、小説ともドラマとも一味違う作品になっています。

「半沢直樹」のコアなファンから、ドラマのシーズン2から見始めたライトなファンまで楽しめること間違いなしです!

マンガ『半沢直樹』1巻のあらすじ

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社

「俺は…もっと上に行く。上に行って…やることがある——」

大きな野望を抱いてバンカー(銀行員)となった主人公半沢直樹は、大阪西支店融資課長を務めている。

ある日、半沢とその部下たちへ支店長マターで西大阪スチールへの5億円もの融資案件が舞い込んでくる。

同社の職務態度や社風を目の当たりにした半沢たちは融資を慎重に検討するが、支店長・浅野の指示のもと、経営状態の怪しい西大阪スチールに5億円の融資をした。

しかし、融資した直後に西大阪スチールは倒産、社長の東田は逃亡し東京中央銀行はあっけなく5億円を損失する。

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社

融資ミスの責任をすべて半沢に押し付け、醜い保身に走る浅野支店長。沸き上がる怒りを抑えながら、半沢は巨額の債権を回収するすべを探る。

マンガ『半沢直樹』2巻のあらすじ

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社

巨額の債権回収のため西大阪スチール元社長・東田を追う半沢直樹。

融資失敗の責任を半沢に押し付けた支店長・浅田によって執拗に妨害される中、東田を追うのは半沢だけではなかった。

国税局査察部・黒崎——かつて一銀行を破綻にまで追い込んだ男も東田の金を狙って動き出す。

東田、国税、そして半沢。最後に笑うのは誰か――。

マンガ『半沢直樹』3巻のあらすじ

融資失敗の責任をなすりつけられた半沢直樹。

5億円回収のため奔走する中、半沢を苦しめてきた西大阪スチール元社長・東田と東京中央銀行大阪西支店長・浅野が手を組んでいたことが明らかに。

全てが仕組まれたものだったと知った半沢は、二人を追い詰めるため反撃の手を打つ。

しかし、浅野が裏で進めていた半沢の出向が決定し――?

マンガ『半沢直樹』の登場人物

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社

半沢 直樹
東京中央銀行 大阪西支店融資課長。敏腕で、部下からの信頼も厚い。

大和田 暁
東京中央銀行 本店常務取締役。同銀行の陰の実力者。

浅野 匡
東京中央銀行 大阪西支店支店長。自分の評価のために部下を売る。

東田 満
西大阪スチール元社長。東京中央銀行からの融資を受けたのちに計画倒産し逃亡。

小木曽 忠生
東京中央銀行 人事部次長。

江島 浩
東京中央銀行 大阪西支店副支店長。

渡真利 忍
東京中央銀行 本部融資部融資課調査役。半沢の同期で人事に詳しい。

竹下 清彦
竹下金属元社長。東田のせいで会社が倒産し、半沢とともに復讐を誓う。

マンガ『半沢直樹』を無料で読む方法

©池井戸潤・フジモトシゲキ・津覇圭一 / 講談社

マンガ『半沢直樹』はいろいろなマンガ配信サービスで配信中ですが、残念ながら現在(2020年8月時点)は全巻、全話無料で読むことはできません…。

ただしその中でも “最もお得” に読むなら「U-NEXT」がおススメです!

U-NEXTには31日間の無料トライアルがあり、無料トライアルに登録すると600円分のポイントをもらうことができるので、1冊671円の『半沢直樹』を実質71円で読むことができます。

U-NEXTで半沢直樹を読む

「U-NEXTって動画サービスじゃないの?」と思われた方も多いかもしれません。

実は動画配信サービスとして非常に有名なU-NEXTでは月額料金(税別1,990円)だけでマンガも読むことができます!

しかもそのラインナップはマンガだけが読めるアプリやサービスと変わりません。

今なら、無料トライアル特典で70誌以上の雑誌が読み放題、140,000本以上の動画が見放題になるのでとてもお得です!

ちなみに“登録日を含む31日間”以内に解約した場合には、月額利用料(税別1,990円)は発生しないので、実質無料で漫画を読んだり、たくさんの動画を観ることができます!

無料トライアルで半沢直樹を読む

※本作品の配信が終了になっている可能性がございます。予めご了承ください。
※閲覧には料金が発生する可能性がございます。遷移先での閲覧にはご注意ください。

マンガ『半沢直樹』を配信中のサービス

U-NEXT31日間無料トライアルで人気作品を無料で閲覧可能!
まんが王国新規登録時にコミック購入時に使用できる半額クーポンがもらえる!
BookLive!新規会員登録でもれなく50%OFFクーポンがもらえる!
Renta!安価な「48時間レンタル」と「無期限レンタル」から選択可能!
ebookjapan新規登録時に半額クーポンがもらえるうえ、セールやキャンペーンが豊富です!
FOD初回に限り2週間無料でFODプレミアムを利用可能!
コミックシーモア豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数&SALEも毎日実施!

※本作品の配信が終了になっている可能性がございます。予めご了承ください。
※閲覧には料金が発生する可能性がございます。遷移先での閲覧にはご注意ください。

作品概要『半沢直樹』

作者(著者)原作:池井戸潤 / 作画:フジモトシゲキ / 構成:津覇圭一
出版社講談社
掲載誌モーニング
ジャンルヒューマン / 社会・ビジネス / コミカライズ</td>
主な登場人物半沢 直樹 / 大和田 暁 / 浅野 匡 / 東田 満 / 小木曽 忠生 / 江島 浩 / 渡真利 忍 / 竹下 清彦 / 近藤 直弼 / 半沢 花 / 半沢 慎之助 / 半沢 美千子 / 中野渡 謙 / 岸川 慎吾 ほか

「半沢直樹」名言集

「やられたらやり返す、倍返しだ!覚えておいていただこう」
「銀行は、晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」
「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」
「あなたには、いないのでしょうね。そういう、バカな部下は。」
「土下座してください。やれーっ!大和田ーっ!!」
「正義は、たまには勝つ!」
「ううん、だって銀行員の妻だもん。」
「どんな仕事をしようとも大切なのは人と人との繋がりや。ロボットみたいな仕事だけはしたらあかん」
「ネイルサロンだろうがなんだろうが、男に貢がせた金で店を出しても、すぐに潰れるだけだ。経営を舐めるなよ。」
「あなたにとって私は、たかがトカゲのしっぽかもしれません。ですが、切られたしっぽは、暫く暴れ回ります。どんな動きをするか分かりませんよ。お気を付け下さい。」