「BookLive!」2020年 年間ランキング発表! 国民的ヒットとなった『鬼滅の刃』が『キングダム』をおさえて1位に

『呪術廻戦』は6位に急上昇!

総合電子書籍ストア「BookLive!」にて、2020年 年間ランキング(※)が発表されました!

節目となる2020年のランキングは、国民的ヒット作『鬼滅の刃』が5年連続トップだった『キングダム』をおさえ1位に輝きました!

コロナ禍でのまとめ読み需要や、アニメや主題歌の大ヒットを受けた後追い層、女性読者の増加も首位獲得の要因となりました。

また昨年の年間ランキングでは1位から9位までを少年・青年マンガが独占していましたが、2020年はネット広告をきっかけに急伸、女性の心を掴んだ『虫かぶり姫』や『わたしの幸せな結婚』上位にランクイン。

令和ならではの特徴的な結果となりました。

そして2018年に連載が開始され順調に人気が増してきた『呪術廻戦』がついに年間TOP10入りを果たしました!

今年の上半期ランキングでは少年・青年マンガジャンルで19位でしたが、10月にアニメの放送が開始されると一気にファン層を広げ大躍進をとげました。

この機会にBookLive!で読める人気作品をチェックしてみてください♪

BookLive!年間ランキング2020
https://booklive.jp/feature/index/id/annualrank

※BookLive!独自集計(集計期間:2020年1月~2020年11月)

BookLive!年間ランキング2020 TOP10

第1位『鬼滅の刃』

(c) 吾峠呼世晴/集英社

あらすじ(ストーリー)

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • ジャンプの若手連載陣の中で今最も期待している作品です。作者が描きたいものを描いている感じが伝わってきて読むのが楽しい。人気が出るまでは苦しいだろうけどそれまで耐えて画力も上がれば化ける可能性がある。
  • 巷で噂の鬼滅の刃を初めてアニメで見ました。面白くてすぐに漫画も購入し、最新巻まで一気に読んでしまいました。主人公 、仲間も魅力あるキャラクターでストーリーも楽しく、話のテンポも良いので夢中で読めちゃいます。

BookLive!で作品を読む

第2位『キングダム』

(c) 原泰久/集英社

あらすじ(ストーリー)

時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!! 2013年、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞!

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • 一気に37巻まで読み通した!劇的におもしろい。ちょこちょこ笑いも入ってて、スラムダンクを思い出すバランス。世界観はちんまりせず広大。食べず嫌いせずよむべし。
  • 歴史に詳しくなくても楽しめます。私自身、歴史に興味はなかったのですが、キングダムはズルズルと引き込まれます。例えば戦闘シーンはただの描写ではなく、その裏には様々な策略が張り巡らされており、見るものをドキドキさせてくれます。また国を統一するための政治的な駆け引きが描かれているのも魅力です。史実を基にしているので勉強にもなり、オススメできる漫画です。

BookLive!で作品を読む

第3位『わたしの幸せな結婚』

(c) 顎木あくみ・高坂りと・月岡月穂/スクウェア・エニックス

あらすじ(ストーリー)

願うのは、ほんのわずかな“幸せ”…。
異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。「小説家になろう」発! 和風ファンタジー×嫁入り。結婚から始まる恋愛の物語。
※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。
(C)Akumi Agitogi Licensed by KADOKAWA CORPORATION
(C)2019 Rito Kohsaka

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • 絵がなんとも美しく、原作の幻想的な雰囲気を盛り立てています。小説家になろうで読んでいましたがコミカライズはさらに良いです。次巻も楽しみ。
  • 絵が綺麗で読み始めましたが、主人公がとても健気で、とにかく幸せになって欲しいと願いながら読んでしまいます。話しの展開も、これから色々なことが明らかになっていきそうで、この後がとても気になります。

BookLive!で作品を読む

購入者限定 電子書籍版特典

同コンテンツを購入後、以下のURLにアクセスし利用規約に同意の上、特典イラストを入手してください。
https://xget.jp/items/578

第4位『ONE PIECE』

(c) 尾田栄一郎/集英社

あらすじ(ストーリー)

時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王G・ロジャーの遺した『ひとつなぎの大秘宝』を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた。そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王目指して大いなる旅に出る!!

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • あまりに有名なので、ちょっと読んでみようと読んだら止まりません。まじ、面白いです。人気があるのも納得です。オッサンにもおすすめ。
  • 後で読み返して、あぁと思える伏線が張られているので計算されてつくられているなと改めて感じました。

BookLive!で作品を読む

第5位『虫かぶり姫』

(c) 喜久田ゆい・由唯・椎名咲月/一迅社

あらすじ(ストーリー)

「虫かぶり姫」のあだ名を持つ、本が大好きな侯爵令嬢・エリアーナ。クリストファー王太子の形式的な婚約者として平穏に過ごしてきたエリアーナだったが、ある日偶然、王太子が知らない令嬢と仲睦まじくしているところを目にしてしまう。ついに王太子が本当に愛する女性を見つけたのだと感じたエリアーナは、婚約解消の覚悟を決めるが――?

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • 展開が主人公視点で情報に偏りがあるまま物語が進んで行くのでこの先どうなるのか、とハラハラさせられました。楽しかったです。次も早く読みたいですね。
  • 少女漫画の極み!王子様と冴えない(と、本人は思っている)主人公とのお話。ドロドロなイジメもあるが本人気が付かず過ぎていく。ピュアゆえの鈍さがとっても可愛いです。本当に王道ストーリーなのに繰り返し読んでます。

BookLive!で作品を読む

第6位『呪術廻戦』

(c) 芥見下々/集英社

あらすじ(ストーリー)

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • ジャンプで連載中の王道バトル漫画です。作者さんがブリーチの大ファンということで、領域展開のネーミングセンスなどにブリーチのおしゃれさが取り入れられているのが感じられます。呪術高専を先に読まれてからこちらを読むのがお勧めだと思います。
  • ダークな描写が多くありますが、少年漫画として熱いバトルなどが楽しめます。設定が細かく作られているので、それらを見るだけでも楽しいです。主人公はかなり好感の持てる男なので、おすすめです。

BookLive!で作品を読む

第7位『転生したらスライムだった件』

(c) 川上泰樹・伏瀬・みっつばー/講談社

あらすじ(ストーリー)

WEBで記録的なPVを集めた異世界転生モノの名作を、原作者完全監修でコミカライズ!巻末には原作者書き下ろしの短編小説を収録した、ファン必携の単行本いよいよ発売!*「転スラ」スピンオフ5作品の第1話をまとめた試し読みパック付き!

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • アニメからこの作品を知り、続きが知りたくなり購入しました。アニメの後の巻から購入をしていたのですが、全巻気になり読んでいなかった巻だけブックライブで購入しました。新刊が待ち遠しいです!
  • 1話でこのワクワクする展開はすぐ次を読みたくなる。転生したのがスライムだけど、全然弱そうに見えなくて転生ものの主人公最強要素はしっかり残されているので面白い。

BookLive!で作品を読む

第8位『進撃の巨人』

(c) 諫山創/講談社

あらすじ(ストーリー)

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • 結論から言うと面白い!多分、舐めてた人ほど引き込まれる漫画だと思う。最近よくあるような、「日常の価値観をひっくり返す」(パラレルワールドとか、世界がループとか)系の漫画ではない。これぞ漫画!という作品だと思う。
  • どんどん明かされていく謎に引き込まれてしまうが、謎自体は古風なネタが多い。奇をてらうようなどんでん返しではなく、あくまでも王道な展開に好感が持てた。

BookLive!で作品を読む

第9位『ハイキュー!!』

(c) 古舘春一/集英社

あらすじ(ストーリー)

おれは飛べる!! バレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが!?

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • ストーリーも面白いし、絵も一巻から安定して綺麗。基本ストーリーはよくある部活青春ものだけど、試合のドキドキ感と勝ったときの喜びが新鮮に感じられる。
  • 男バレ漫画と聞いて。表紙黒髪の子のセッターこそかっこいいという熱弁に激しく同意。読みどころはやはりコート上。画かれるアングルと崩した勢いのある作画、コマ割りに男バレならではのスピードを感じる。興奮する事間違い無し。

BookLive!で作品を読む

バレーボールマンガ代表『ハイキュー!!』全巻あらすじまとめ 最新刊のネタバレや口コミも紹介!
『ハイキュー!!』全43巻のあらすじまとめ!名シーンや名言が多くバレーボールに詳しくなくても楽しむ事ができる超王道の熱血スポーツマンガです。試合中の臨場感や緊張感、プレーひとつひとつのダイナミックさはもちろん、高校生たちの熱くもまっすぐな清々しい姿に感動します。1話ずつでももちろん楽しめますが、イッキ読みがおススメです♪

第10位『約束のネバーランド』

(c) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社

あらすじ(ストーリー)

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

BookLive!ユーザーのコメント・レビュー
  • テーマがテーマだけに、ずっとハラハラし続ける。ささやかな日常パートでも、それがいつ脅かされるかと思うので安心できない。それなのに、ちょっと興味本位で読み始めるといつの間にか最新巻の発売を待つ状態になる。気になったなら買ってみるが吉
  • 設定・作画ともにとてもレベルが高く、作品に引き込まれます。また緊張感のある展開が多くハラハラしながらも楽しむことができています。逃亡劇が好きな方やダークファンタジーが好きな方にはおすすめの作品です。

BookLive!で作品を読む

調査結果サマリー

  • 5年連続トップだった『キングダム』をおさえ、『鬼滅の刃』が1位!!コロナ禍でのまとめ読み層・後追い層・女性読者も増加
  • 3位『虫かぶり姫』&5位『わたしの幸せな結婚』は、ともに女性向けノベルのコミカライズ。ネット広告をきっかけに上半期から急伸、女性の心を掴んで好評連載中
  • 6位『呪術廻戦』はアニメ化で大躍進、他にもメディア化作品が多数上位に
  • 書店員・すず木の注目作品&コメント、各ジャンル別TOP10も発表

BookLive!書店員 すず木氏の注目作品&コメント

総合で6位、少年・青年マンガジャンルで4位、と今年一気に上位に躍り出た『呪術廻戦』は、連載開始時から注目してきましたが、ここまでの人気作品に急成長するとは…!ととても感慨深いです。

“人の死“にまつわる物語ですが、どのキャラクターもあっけらかんとしていて適度なコミカルさもあり、ダークホラーが苦手な方でも読みやすいです。

主人公の虎杖悠仁は、とても人懐っこく誰に対してもフレンドリーで、いわゆる“陽キャ“。今の時代ならではの主人公らしさを感じます。

また、どのキャラクターも非常に個性的で、誰が主人公でも物語が成立しそうなほど魅力があります。今後のエピソードでそれぞれのキャラクターが深く掘り下げられていくのも楽しみです。

2021年、さらにたくさんの方に新しい本との出会いを届けられるようがんばります!

BookLive!書店員 すず木氏・プロフィール

総合電子書籍ストア「BookLive!」で働くプロ書店員。2005年より電子書籍サイトの運営に携わり、年間に読むマンガの冊数は2000冊以上。「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、「BookLive!」でおススメのマンガを紹介し続けています。

特集ページ「月刊 書店員すず木」
https://booklive.jp/feature/index/id/tk_osusume_acv

総合電子書籍ストア「BookLive!」とは

「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。

≪「使いやすい電子書籍ストア」No.1を獲得≫
2020年9月「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「使いやすい電子書籍ストア」部門で第1位を獲得しました。

総合電子書籍ストア「BookLive!」
https://booklive.jp/

公式Twitter
https://twitter.com/BookLive_PR